ペット保険と言えば、ペットにかけるための保険ですから、それ単体で加入するというイメージが強いですが、ペット保険の中には自動車保険の特約としてかけることが出来るタイプの保険もあります。

ペット保険として加入するのではなく、自動車保険のペット特約という形での加入になりますが、これでも十分にペット保険の役割を果たしているというケースもあります。これはペットが車に乗っているときに事故にあったり怪我をしたりした場合のみ治療費が補償してもらえるというペット保険で、自動車保険のアクサダイレクトが用意しているものです。

ペットが車に一緒に乗っている最中に自動車事故に遭ってしまって、ペットがけがをしてしまったら、動物病院で支払ったお金の実費で最大10万円までは給付してもらえますし、葬儀費用も最大で10万円まで給付してもらえるというタイプの保険です。

ペット保険として、このアクサダイレクトのペット特約を付けておくというのは、これだけでは十分とは言えませんが、よくペットと一緒に自動車に乗って出かけるという人の場合には、アクサダイレクトのペット保険に加入していれば、一緒に自動車に乗っていた時に万が一の事故があった場合でも、安心して治療費を保証してもらえるのでいいかも知れませんね。

ペット保険をかけたうえで、アクサダイレクトのような自動車保険のペット特約もかけておくと、さらに安心してペットとお出かけが出来るのではないでしょうか。

ペット保険は掛け捨てなのかと思っている人も多いと思います。掛け捨てではない保険の特徴としては保障の期間が終了すれば、返戻金が返ってくる保険のことですが、ペット保険の場合には返戻金制度などはありませんから、多くの場合が掛け捨てということになると思います。

ペット保険は掛け捨てですから、満期返戻金もありませんし、契約者配当金制度も導入されていません。しかし、健康返戻金というものは用意されているペット保険もありますし、死亡給付金を取り入れているペット保険もありますから、色々です。

例えばペット保険のアニコムの場合には、満期返戻金や契約者配当金は用意されていませんが、死亡して、ペット保険を解約したときには、健康返戻金の給付金の受け取りが出来ない健康期間によって、最大で5万円給付されることになっていますし、ペット保険のアイペットクラブの方も健康ボーナスという制度がありますので、1年ごとに4200円から5500円位の健康ボーナスを受け取ることが出来るようになっています。

日本アニマル倶楽部でも犬と猫の場合に限りますが、死亡給付金が5万円もらえることになっています。

このように色々とペット保険会社によって給付金や返戻金制度は用意されているので、満期返戻金や契約者配当金はないですが、完全なかけ捨てというわけではなくもらえる給付金はあると思いますから、その点の良く確認した上で、ペット保険に加入するといいかも知れませんね。

ペット保険で気になるのは毎月の掛け金だともいますが、基本的な掛け金というのは、どうやって決定しているのか、それはペット保険の場合には、ペットの種類、年齢、大きさなどで決められています。ほかにも住んでいる地域で、ペットの疾病発生のデータを色々と研究して、それぞれ住んでいる地域ごとに掛け金を変えているペット保険会社も中にはあるといわれています。

ペット保険の契約というのは1年単位で決められていることになっているのですが、2年目以降継続してペット保険に加入するという場合には、健康状態が良好の場合には掛け金が割引されますし、悪化している、何らかの問題があるという場合には、割増制度などもありますので、掛け金は変わってきます。

そしてペットの年齢が上がれば上がるほど掛け金がアップする場合もありますし、固定で年齢が上がっても掛け金が変わらないところもありますから色々です。

ペット保険の保険料は去勢しているか、避妊しているか、多頭割引や年払い、障害者割引といった色々な割引制度も導入しているペット保険会社もありますので、自分のペットが該当するものがあれば、それも申し込んでおくと、ペット保険の保険料が安くなりますから、上手に申し込んで少しでも安くペット保険をかけられるといいかも知れませんね。

種類は色々とあり、ペット保険の安さで保険を選んでいる人も中にはいますが、それではいけませんから、内容もしっかりチェックして考えましょう。

ペット保険にこれから入るという人は、色々と比較した上で、自分のペットにぴったりな保険を選ぶ必要がありますが、その際に参考にするといいのが、ペット保険の資料請求です。最近はどこのペット保険も、インターネット上で資料請求が出来るシステムになっていますから、手軽にペット保険の資料請求をしてみてはいかがでしょうか。

色々とあるペット保険の会社に、それぞれ資料請求をするというのは、かなり手間がかかってしまうと思いますから、何度も必要事項を入力するのが面倒だけど、沢山のペット保険会社の資料請求が欲しい人には、一括資料請求がいいと思います。

ペット保険の一括資料請求というのは、一度の必要事項の入力だけで、数社のペット保険の資料請求が出来るというものです。これなら一度入力するだけで、複数のペット保険の会社の資料請求が出来ますから、お勧めではないでしょうか。

ペット保険の資料請求が出来るサイトは色々とありますが、お勧めのサイトとして、保険スクエアbang!のペット保険のサイトを紹介します。このサイトは株式会社ウェブクルーが作っているサイトなのですが、人間の保険なども一括資料請求が出来るサイトですから、ペット保険の一括資料請求も一度手軽にやってみてはどうでしょうか。

このサイトから資料請求が出来るのは、日本アニマル倶楽部、愛ペット保険、ペット&ファミリーペット保険、ペットメディカルサポートの資料請求が可能ですから、比較検討してみてください。

これからペット保険に入る人は、少しでもお得なペット保険に入りたいと思っている人も多いのではないでしょうか。お得なペット保険について紹介したいと思います。お得なペット保険として人気があるのは、日本アニマル倶楽部のペット保険です。日本アニマル倶楽部のペット保険は、通院、入院と手術、この基本となる医療保障のバランスが絶妙ですから、ペットを飼っている人にとってとても充実した保証内容となっています。

ペット保険でお得な日本アニマル倶楽部の場合には、実額保障となっていますから、受け取れる給付金の金額もとてもわかりやすいですし、診断書が必要な場合なども5千円まで支払ってもらえるというメリットもあるのでお得です。日本アニマル倶楽部がお得なペット保険として選ばれている理由としては、他にも掛け金が年齢とともに上がることなくずっと同じであることや、通院補償は120日までもらえること、入院保障については、60日まで年間もらえるという充実ぶりです。

他のペット保険会社が取り扱っていないような小動物、爬虫類なども入ることが出来るということもあり、多くのペットの飼い主に充実した保証を与えることが出来るのがペット保険の日本アニマル倶楽部です。

少し入会の際の基準、審査が高めに設定されているのですが、費用を抑えるためには、健全な運営が基本ですから、これはいたしかたないことだと思います。ペット保険で少しでもお得で安いところを探している人は、日本アニマル倶楽部のペット保険がお勧めです。

ペット保険に実際に入っている人の体験談というのは、これから加入する人にとっては、とてもメリットが大きいことになるのではないでしょうか。とても参考になると思いますから、ぜひこれからペット保険に入ろうかと考えている人がいれば、ペット保険の体験談を一度読んでみるといいですね。

例えばとあるペットの飼い主のペット保険の体験談では、犬が突然病気になってしまって、かなりの治療費、通院費、入院費、そして手術費がかかったんだそうです。もしもペット保険に入っていなかったら、と思ったらぞっとするようなペットの医療費だったと思うが、ペット保険に入っていたおかげでかなり負担額を減らすことが出来たので、ペットに十分な治療を受けさせてあげることが出来たと喜んでいらっしゃるペット保険の体験談でした。

ペット保険の体験談を読んでみると、ほとんどの場合が、ペット保険に加入していてよかったというような声が聞かれていますから、実際に体験談を読んでみて、あなたもペット保険の大切さや必要性について理解した上で、加入を検討してみてはいかがでしょうか。

ペットの飼い主の経済的な負担を和らげるためにペット保険はありますから、加入しておくメリットは沢山ありますが、実際にペット保険に入った人の話を聞けるというのは、資料請求をしたパンフレットを見より、公式サイトを見るよりも、とても参考になると思いますので、ぜひ体験談を読んでから検討するようにしましょう。

ペット保険に加入している人は医療費を立て替えて、そして後日ペット保険会社に書類などと一緒に請求をするというケースが一般的ですが、最近のペット保険の場合にはもっと便利な請求方法があります。

それはペットの健康保険証が発行されますから、その健康保険証を動物病院の窓口で見せれば、ペット保険がすぐに適応になり、窓口生産できるので、立て替える必要がなくなったという方法です。

普通は、先ほども説明したと思いますが、ペット保険の給付金を受けようと思ったら、請求書類を提出して、色々と必要事項を書かなくてはいけなかったと思います。そして先生に証明書を書いてもらって証券のコピーなどと一緒に郵送で送るというケースが一般的なペット保険の保険金請求方法です。これでは最初に立て替えることで飼い主の一時的ではありますが経済負担になってしまいますし、手間がかかって大変ですよね。

しかし窓口で生産が出来るというタイプのペット保険の場合には、ペットが病院で治療を受けたという場合には、人間と同じように、その場で保険証を見せれば割引後の金額だけ支払えばいいので、ペットの治療代を立て替える必要もありませんから、お勧めです。

立て替える必要がありませんし、請求に関する面倒な郵送での手続きも必要がありませんからお勧めではないでしょうか。この手軽に請求しなくてもペット保険を利用できるのは、アニコムのどうぶつ健保と、アイペットクラブのうちの子健保が導入しています。

ペット保険を選ぶポイントについて紹介していきたいと思いますが、やはりペット保険を選ぶポイントとしては、保障がどれくらい充実しているかどうかがそのポイントになると思います。

医療保障の経済的な負担を軽減させるためにペット保険に加入しているのですから、医療保障が充実していなければ、ペット保険に加入している意味がないといっても過言ではありません。ですから、ペット保険にこれから入る際のポイントとして医療保障の充実は外せません。

そして健康ボーナス制度を導入していたり、お見舞金なども導入しているようなペット保険はいいと思いますし、無料でペットの健康相談やペットのしつけ相談についても用意しているようなペット保険はいいと思います。ペット保険会社それぞれに、色々なメリットのあるサービスを取りそろえていると思いますから、色々と調べてみてはいかがでしょうか。

選ぶ種類は色々とあると思いますが、どのペット保険がうちのペットの保障として必要なのか、どのペット保険に加入しておくことが安心して加入できることになるのか、わからない人も多いと思います。

保証内容は定率保障型、定額保障型、そして実額保障型の三つに分かれていますから、この中から自分のペットに合わせたペット保険を選ぶというのがチェックポイントになります。自分のペットにはどれくらいの、どんな保障があれば安心なのか、それがわかれば、ペット保険をスムーズに選ぶことが出来ると思います。

ペット保険の内容を色々と見ていると中には割引してもらえる保険もあります。たとえばペット保険で割引の対象になるというケースはどんなケースなのかというと、障害者割引や、去勢避妊割引、マイクロチップ割引があります。

この割引は、ペット保険会社ごとに違っていますから、場合によっては割引がないペット保険会社もあるかもしれませんから、注意しておきましょう。

ペット保険会社のこのような割引というのは、やはり飼い主の経済的な負担を軽くさせることを目的として導入されていますから、利用した方がいいですね。

ペット保険を選ぶ際に、少しでも割引があるようなペット保険を選ぶというのは一つの方法かもしれませんが、それだけで選ぶのではなくて、信頼できるペット保険会社であるかどうかという点でも保険会社を選ぶ必要がありますから注意しましょう。

割引にばかり目をとられているために、信頼できるかどうかの確認をしないままペット保険に加入してしまって、結局後から、支払われなかったとか、保険金がもらえなかったというようなケースもよくあります。

欧米などではペット保険はていちゃくしていて、割引があるところも多く、ペットの飼い主の経済的負担を和らげるために、色々と工夫して信頼できるペット保険会社が多いですが、どうしても日本の場合には、まだ定着してないというのが現状ですから、その点をよく理解して、ペット保険の割引についても調べたうえで加入するのがいいでしょう。

ペット保険にこれから入るという場合には、色々と比較した上で入ることをお勧めします。ペット保険の補償内容を比較するということはもちろんなのですが、やはり保険金がきちんと支払われるかどうかという点についても考えたうえで比較しておく必要があると思います。というのも、中にはペット保険の保険金請求をしたとしても、支払われないケースもあるといわれているからです。

ペット保険を選ぶ際には、保険会社が安全で信頼できるかどうか、その点をきちんと比較段階で調べておく必要があります。そしてペット保険に加入する際には、できれば月払いにしておいた方がいいかも知れませんね。会社が破綻してしまった場合など、人間の生命保険の場合には利用者を守る機構がありますが、ペット保険の場合にはありませんので、預けたお金が戻ってこないこともあります。ですから、しっかりとペット保険会社を比較した上で選んだほうがいいのです。

ペット保険に加入する場合には保障内容で比較する人も多いですが、オプションも色々と用意されていますから、合わせてオプションを比較しておくということも大切なことだと思います。そしてもちろん料金や保険金のバランスについても比較が必要ですし、口コミやレビュー、評判などもある程度参考にした上で、比較をするとより失敗なくペット保険に加入することが出来ていいかも知れませんね。とにかく慎重にいい加減に比較して加入するのではなく、しっかり比較しましょう。

カテゴリ

月別アーカイブ

コンテンツ

DESIGNED BY